MENU

2022/11/23
問題は家ではなく○だった。何故住宅は「30年でダメになる」のか?
|
住まい探し

有限会社ランド・プラン

木造住宅は30年が寿命。という俗説がまことしやかに語られています。

・・・

今はそうでも無いですかね?わが国も少しずつ『中古住宅リテラシー』が成熟してきていますので、未だに

『住宅は30年で終わりだ!』

本気で思っている人はいないと信じていますが、やっぱり何割かの方は未だにそう思っていらっしゃる事でしょう。

国もね。木造住宅の耐用年数は22年と定めてますので、この辺にも誤解を生んでしまう原因があります。これはあくまでも『税金の計算』を行う為に設定している数字であって、実際にダメになる年数ではありません。

じゃあ木造住宅は何年使えるの?というご質問に対しては、『メンテナンス次第です!』というのが今までの回答セオリーだったんですが、私は今、違う考えを持っています。

住宅の耐用年数、それは

住む人次第』です。さっさと結論を書きますが、何故住宅は30年が寿命かと言いますと、30年で『建物が経年変化してダメになる』という事ではなく、30年経つと

世代が変わるという事なのです。30年という数字は人間にとっての『一世代』です。ここは分かりやすく具体的なケースで考えてみましょう。

ある男性が35歳で家を持ったとします。夫35歳、妻35歳、子供が5歳と2歳。四人暮らし。

30年後。

夫婦ともに65歳。大体の場合は定年退職の年です。子供は35歳と32歳。恐らくもう同居はしていないでしょう。都会に移住しているか、地元にいても、自身の家を持っているか。

家には夫婦のみ。ここで夫婦は考えます。

二人だけだし、こんなにたくさん部屋は使わないよね

あるいは

学校や職場の事を考えなくてもいいし、もっと自分達に適した所に住みたいね」など。

結果、建て替えなり住み替えなりを行うわけですが、これは『建物が劣化したから』というわけではありませんよね?そうではなくて『ライフスタイルが変わったから』というのが大きな理由です。

つまり。『住宅』という物質が変化するからではなく、『人』という生物の状況が変化するから住宅は寿命を迎えるわけです。ポイントは家に住む『人』の問題なんですよ。

人ってのはやっぱりスゴイ存在です。家を長持ちさせられるかどうか。それは『施工の質』ももちろん重要でしょうが、それ以上に重要なのが『住む人の質』です。

いかに自分の家に愛着を持ち、良質な管理を継続する事が出来るか。最大のポイントはここです。

家は『建てたら終わり』ではありません。そこから『継続した管理』という新たな戦いが待っています。しかしこの戦いは、結構面白い戦いだと思うんですよね。なんたって

自分の家育成ゲーム』なわけですから。

色んな育成ゲームはありますが、リアルに『自分が住む家』を育成して、自分好みに成長させていくって、結構面白い戦いなのではないかと思うんですが、いかがでしょう?

昨日は不動産業界の集まりで久々に(大量の)お酒を呑み、二日酔いで朦朧としながらのブログでした。内容ぐちゃぐちゃでしたらすみません。

私自身の脳の経年劣化も、十分気を付けます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

カテゴリー |
住まい探し
タグ |
不動産業界

7大お悩み相談

お客様の声

2022/04/09

子育ての為、そろそろ自分の家を持った方が良いのでは?

お客様の声

2022/05/01

中古住宅ってなんか心配。購入後の生活は本当に大丈夫?

お客様の声

2022/04/09

賃貸生活と持家生活。結局どっちが得なんですか?

お客様の声

2022/04/21

家ってお高いですよね?どうしたら不安なく家が買える?

お客様の声

2022/04/16

多世帯同居。どうすれば家族みんなが幸せに生活出来る?

お客様の声

2022/04/17

集合住宅。いつまで窮屈な思いを続けなきゃいけないの?

お客様の声

2022/04/15

住宅の老朽化が目立ってきた。修繕?建替え?住み替える?

よくあるご質問

お客様の声

2020/12/09

不動産取得税の納付書と申告書が届いた。でも建築中で「建物」の申告書が書けない。どうすれば?

お客様の声

2023/06/13

隣の敷地からサッカーボールが飛んでくる。子供が不法侵入。どうしたら良いですか!?

お客様の声

2022/04/04

住宅購入の際の火災保険。結局どうすれば良い?

お客様の声

2023/07/20

洗面台が壊れた!これって保証の範囲内?火災保険の『破損・汚損等』って?

お客様の声

2022/04/11

「まんぞ」「まんぞう」とはなんぞ!?万雑という不思議なお言葉

お客様の声

2023/01/14

孤独死?事故死?自殺?他殺?自然死?不動産の『告知事項』のガイドラインって何!?

お客様の声

2022/01/12

住宅ローン控除に関するご質問をいただきましたので。確定申告実践編。

  • ブログ購読

    いつもブログをお読みいただき誠にありがとうございます。メールアドレスを登録いただければ新着記事をメールで確認する事が出来ます。いちいちホームページを見る必要がなく、便利です。特にデメリットはありませんので、是非ご登録をお願い致します!

私がサポート致します!

(有)ランド・プラン 代表取締役

高野 竜成

PROPERTY

取扱中物件

中古住宅でSDGs!

プレミアム中古住宅は、以下『8つの特徴』を全て
備えた『安心・快適・満足』を叶える住まいです。

scroll me

つくる責任 つかう責任

中古住宅を活用する

空き家が増え続けています。高岡市だけで11,000戸の空き家が存在し、『6軒に1軒が空き家』という状態です。その上で人口減少は止まる事を知らず、物価高と人手不足を原因とした新築価格は高騰の一途を辿っています。しかし、それでも家は建てられ続けています。本当にこのままで大丈夫なんでしょうか?そこで弊社は「中古住宅を活用して安心できる住まいを提供する!」と決意しました。大量生産大量消費社会から中古活用循環社会へ。ランド・プランは『あなたの幸せ』と『持続可能な幸福社会』を実現する『たかおかSDGsパートナー』です。高岡市の中古住宅相談ならお気軽に!

PRESIDENT BLOG

不動産屋のひとりごと

ブログの更新通知を受け取れます!
ブログサムネイル

更新通知の登録について

  • 17人の購読者に加わりましょう