MENU

2023/05/15
女房と畳は新しい方が良い?女性とワインは古い方が良い?リノベーションは富山県で受け入れられるか?
|
住まい探し

有限会社ランド・プラン

先日。某新聞社の方を通じて弊社に『某リノベーション事業者さん』がいらっしゃいました。本社は県外にあるんですが、この度富山県に支店を作り、これからこの地で『中古住宅活性化の為に』頑張っていきたいという事でした。

色々お話してたんですが、その方の一番大きな主張としては『中古住宅と言う選択肢がある事を、今から住宅を購入される方にもっと知って貰いたいんです!』との事でした。

新築費は上がる。収入は上がらない。その代わり住宅のリノベーション性能は上がっている。これは新築ほどのコストは全く掛からない。じゃあ「中古住宅+リノベーションでいいじゃないですか!」という内容です。

私も全く同感です。素晴らしい趣旨です。しかし。

ここ富山県では『新築住宅に対する信仰』が非常に根深いので、それは中々難しいでしょうね。とはお伝えしました。

冷たいと思います?しかし事実ですからね。

私だって『家は絶対中古住宅がいい!』と思っていますし、少なくとも『家は新築だけじゃなく、中古住宅という選択肢もあるんだ!』と言う事は、是非知っておいていただきたいとは思っています。

しかし。それでも。

富山県の場合は難しいでしょう。今後、どれだけ新築費が高くなろうとも。リフォーム・リノベーション技術が向上して『質的には新築と中古の差は殆ど無い』と言われる日が来ようとも。

なぜならそれは。

『人が持つ価値観』の問題だからです。

いくら中古住宅がリーズナブルだろうと、リノベーションして快適に住めるとしても、人の脳に埋め込まれた思考回路はそう簡単には変わりません。

中古住宅=なんとなく不安

新築住宅=なんとなく安心

という。

『誰かそんな、昔ながらの価値観を変えてくれる人が出てくれませんかね!?』というご質問もありましたが、確かに時代はそういう人を待ち望んでいる気もします。それは誰なのか。

私としても『女房と畳は新しい方がいい』という日本の価値観から『女性とワインは古い方がいい』という、西洋の価値観に移行しなければならないのでは無いかと、常々思っています。

何が何でも「新しい方が良い」ってのは、家にも畳にも女性にも、大変失礼な話ですからね。

価値観を変える戦い。ですな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

カテゴリー |
住まい探し
タグ |
リフォーム

7大お悩み相談

お客様の声

2022/04/09

賃貸生活と持家生活。結局どっちが得なんですか?

お客様の声

2022/04/21

家ってお高いですよね?どうしたら不安なく家が買える?

お客様の声

2022/04/16

多世帯同居。どうすれば家族みんなが幸せに生活出来る?

お客様の声

2022/05/01

中古住宅ってなんか心配。購入後の生活は本当に大丈夫?

お客様の声

2022/04/17

集合住宅。いつまで窮屈な思いを続けなきゃいけないの?

お客様の声

2022/04/15

住宅の老朽化が目立ってきた。修繕?建替え?住み替える?

お客様の声

2022/04/09

子育ての為、そろそろ自分の家を持った方が良いのでは?

よくあるご質問

お客様の声

2024/02/29

エコキュートの室外機から水が落ちてる。どうしたらいい?

お客様の声

2020/06/13

みんな、住宅購入にいくら位お金掛けているの?という話。

お客様の声

2023/07/20

洗面台が壊れた!これって保証の範囲内?火災保険の『破損・汚損等』って?

お客様の声

2020/12/09

不動産取得税の納付書と申告書が届いた。でも建築中で「建物」の申告書が書けない。どうすれば?

お客様の声

2023/05/21

木造住宅は20年(22年)で価値ゼロ?居住用家屋の減価償却と不動産査定。

お客様の声

2020/09/22

私道を通る時は通行料を払わないといけない?私道に接していると住宅建てられない?私道トラブル。

お客様の声

2023/03/02

住宅ローン控除の必要書類。登記事項証明書は省略可能?

  • ブログ購読

    いつもブログをお読みいただき誠にありがとうございます。メールアドレスを登録いただければ新着記事をメールで確認する事が出来ます。いちいちホームページを見る必要がなく、便利です。特にデメリットはありませんので、是非ご登録をお願い致します!

安心・快適・満足を叶えます!

(有)ランド・プラン 代表取締役

高野 竜成

PROPERTY

取扱中物件

住み続けられるまちづくりを

中古活用循環社会へ

空き家が増え続けています。高岡市だけで11,000戸の空き家が存在し、『6軒に1軒が空き家』という状態です。その上で人口減少は止まる事を知らず、物価高と人手不足を原因とした新築価格は高騰の一途を辿っています。しかし、それでも家は建てられ続けています。本当にこのままで大丈夫なんでしょうか?そこで弊社は「中古住宅を活用して安心できる住まいを提供する!」と決意しました。大量生産・大量消費社会から中古活用循環社会へ。ランド・プランはあなたの幸せと持続可能な幸福社会を実現する『たかおかSDGsパートナー』です。中古住宅に関するご相談ならお気軽に!

ご相談者の声

あなたもお気軽にご相談くださいませ

PRESIDENT BLOG

現在の販売状況・お知らせ等

ブログの更新通知を受け取れます!
ブログサムネイル

更新通知の登録について

  • 17人の購読者に加わりましょう