MENU

2022/12/05
ランド・プランのリフォーム済み住宅って、一体どこまでリフォームしているんですか?
|
よくあるご質問

有限会社ランド・プラン

本日はリフォーム・リノベーションで良くいただくご質問にお答えしようと思いますが、その前に。

お客さんから美味しそうな『お菓子詰め合わせ』を頂戴してしまいました。誠にありがとうございます!

感謝の正拳突き1万回』と言ってますからね。

過去ご厚意をいただいたにも関わらず、こちらでご紹介していないモノもありますが(その節は本当にありがとうございました!)、いただいたご厚意への感謝の気持ちは今後しっかりと刻み込んでいく所存です!押忍!!

ちなみに。

『押忍!』と言うと空手のイメージが強いと思いますが、流派・会派や道場で違います。私が教えていただいていた道場は押忍ではなく、普通に『ハイ!』でした。

逆に。

私の高校時代の野球部は、先輩を見かけると『押忍!』と挨拶しないといけなかったんですよね。あの伝統はどこから来たんだろう?

という前置きは置いといて。リフォームの話です。

弊社の扱う『リフォーム済み住宅』というのは、リフォーム『済み』の住宅です。しかし、まず大事な所をお伝えしたいのですが『全部が全部リフォーム』しているわけではありません。なので決して

フルリフォーム!』などとは書いてません不動産の広告規制上も問題ありますし。

以前のモノをそのまま使っている部分もあるし、完全に取り換えてしまっている部分もある

という事です。

古くても『使えるモノ』なら使う。反対に『役目が終わった』と判断すれば新しくとも革新する

そんなイメージです。

なので『○年経ってるから駄目・○年だから大丈夫』という判断はしません。常にケースバイケースです。

と言う事で。

リフォーム済み住宅と一口に言っても、物件によって『新・旧』の配分は家それぞれなんですよ。

逆に言えば。

新しい部分ばかりではなく、古い部分もあるわけです。これが冒頭でご紹介した『お菓子の詰め合わせ』とは違う所ですね。お菓子で『新しいモノと古いモノ』が入り混じってたらマズイでしょう?

文字通り不味いでしょうし、お腹を壊します。

一方。

古いお菓子でも『古くからの伝統のお菓子』というものは全然OKなわけです。開発されたばかりの『謎のお菓子』であっても美味しければOK。

なので、私自身は『古い』とか『新しい』というのは気にしてません。人が心地よければOKなのでは無いでしょうか?

それで言うと。

私は「押忍!」という挨拶は個人的に、『心地よくないなあ・・・』と思っておりました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

カテゴリー |
よくあるご質問
タグ |
リフォーム

7大お悩み相談

お客様の声

2022/04/09

子育ての為、そろそろ自分の家を持った方が良いのでは?

お客様の声

2022/04/16

多世帯同居。どうすれば家族みんなが幸せに生活出来る?

お客様の声

2022/04/17

集合住宅。いつまで窮屈な思いを続けなきゃいけないの?

お客様の声

2022/04/09

賃貸生活と持家生活。結局どっちが得なんですか?

お客様の声

2022/04/21

家ってお高いですよね?どうしたら不安なく家が買える?

お客様の声

2022/04/15

住宅の老朽化が目立ってきた。修繕?建替え?住み替える?

お客様の声

2022/05/01

中古住宅ってなんか心配。購入後の生活は本当に大丈夫?

よくあるご質問

お客様の声

2022/04/04

火災保険をどうするか?住宅購入時の火災保険実戦知識。

お客様の声

2022/09/16

贈与?売買?「親子間・親族間の不動産取引ってどうすればいいんですか?」

お客様の声

2020/11/18

どっちが負担!?住宅解体時の外壁補修問題。隣の壁は誰が直す?

お客様の声

2020/11/15

専属専任媒介とは?中継ぎも抑えもホント大変!

お客様の声

2022/11/26

甘い物を食べると、しょっぱい物が食べたくなる。後悔の無い家づくりとは?

お客様の声

2019/06/24

不動産売買の「違約金」って何ですか?何されるんですか?

お客様の声

2023/04/24

凍結を原因とする水漏れ。水道料の減免申請って?

  • ブログ購読

    いつもブログをお読みいただき誠にありがとうございます。メールアドレスを登録いただければ新着記事をメールで確認する事が出来ます。いちいちホームページを見る必要がなく、便利です。特にデメリットはありませんので、是非ご登録をお願い致します!

私がサポート致します!

(有)ランド・プラン 代表取締役

高野 竜成

住み続けられるまちづくりを

中古活用・循環社会へ

空き家が増え続けています。高岡市だけで一万戸以上の空き家が存在し、6軒に1軒が空き家という状態です。その上で人口減少は止まる事を知らず、物価高と人手不足を原因とした新築価格は高騰の一途を辿っています。しかし、それでも家は建てられ続けています。本当にこのままで大丈夫なんでしょうか?そこで弊社は「中古住宅を活用して、安心できる住まいを提供する!」と決意しました。大量生産・大量消費社会から中古活用・循環社会へ。ランド・プランは『あなたの幸せと持続可能な幸福社会』を創造する『たかおかSDGsパートナー』です。高岡市の中古住宅相談ならお気軽に!

PROPERTY

取扱中物件

PRESIDENT BLOG

不動産屋のひとりごと

実際のご相談事例

そのお悩み、ランド・プランで解消できますよ!

ブログの更新通知を受け取れます!
ブログサムネイル

更新通知の登録について

  • 17人の購読者に加わりましょう