MENU

2023/07/16
ファミコン生誕40年。その40年前は戦時中。では40年後は?
|
不動産屋の日常

有限会社ランド・プラン

昨日、2023年7月15日は任天堂から『ファミリーコンピュータ』が発売されて丁度40年という事でした。

ファミリーコンピュータ。通称ファミコンですね。

当時私は小学1年生だったんですが、当初は『ゲーム好き』あるいは『新しもの好き』いや、もっと言うと『お金持ち』の特別な家庭にしか無かったので、我が家には当然ありませんでした。贅沢品ですからね。

そしてその当時(1983年・昭和58年)の小学1年と言えば。

今日のような炎天下でも、普通に外で野球したり、サッカーしたり。鬼ごっこしたり、缶蹴りしたり。田んぼでおたまじゃくしを取って遊ぶのがフツーでしたので、ゲームというものに余り興味が無いわけです。

気温も、ここまで暑くなかったですよね。真夏でも30℃行くか行かないかと言う感じでした。

しかしそのうち。

小学校の同級生の中でも、相当数ファミコンを保持するヤツが現れるわけです。誕生日に買って貰ったとか、お小遣いを貯めて買ったとか。

そうなると当然、私も欲しくなるわけですが。当時『決してやってはならないプレゼン』で親にお願いしたのを覚えています。

みんな持ってるんだよぅ!』という、しょーもなさ過ぎるプレゼンを。

『小学生か!』とツッコみたくなるでしょうが、本当に小学生でしたのでご勘弁下さい。そりゃ今なら私も分かりますよ。『みんな持ってるから、何?』と。

しかしまあ、その辺のおねだりが上手い弟の力も借りて、なんとかファミコンをゲットしたのが小学3年頃。小学校3年と言えば1985年です。

そして、1985年を起点として考えると、その40年前は1945年。終戦の年なんですよね。

あの戦争で散々な状態に陥った日本が40年後、のんきにゲームに興じる事が出来ているなんて、終戦当時、一体誰が想像出来た事でしょう?

40年てのは、そういった時間感覚です。全く想像も出来ない時代になっている可能性を秘めてます。

とはいえ、1943年と1983年の40年を比べると『とんでもない変化』が起きていたわけですが、1983年と2023年を比べると、『その前の40年に比べれば』大した変化は起きてません。

それだけ『戦争』ってのは我々に大きな影響を与えてしまうんだと思っています。

そうするとやはり、戦争のない日常って、ありがたいなあと思いますよね。

今から40年後。2063年。私は87歳。多分ギリ生きてます。生きてても死んででもどっちでもいいですけど、多分まだ生きてます。

お互い元気でいて、40年後、今日の日を振り返って語り合いましょう。

『あんまり変わらなかったねえ』と。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

カテゴリー |
不動産屋の日常
タグ |
野球の話

7大お悩み相談

お客様の声

2022/04/15

住宅の老朽化が目立ってきた。修繕?建替え?住み替える?

お客様の声

2022/04/17

集合住宅。いつまで窮屈な思いを続けなきゃいけないの?

お客様の声

2022/04/21

家ってお高いですよね?どうしたら不安なく家が買える?

お客様の声

2022/04/09

賃貸生活と持家生活。結局どっちが得なんですか?

お客様の声

2022/05/01

中古住宅ってなんか心配。購入後の生活は本当に大丈夫?

お客様の声

2022/04/09

子育ての為、そろそろ自分の家を持った方が良いのでは?

お客様の声

2022/04/16

多世帯同居。どうすれば家族みんなが幸せに生活出来る?

よくあるご質問

お客様の声

2022/04/19

地元不動産屋の功罪。地元?大手?その不動産相談、誰にする?

お客様の声

2024/04/11

災害によるローン減免制度。自然災害債務整理ガイドラインとは?

お客様の声

2020/12/09

不動産取得税の納付書と申告書が届いた。でも建築中で「建物」の申告書が書けない。どうすれば?

お客様の声

2022/04/11

「まんぞ」「まんぞう」とはなんぞ!?万雑という不思議なお言葉

お客様の声

2022/12/12

子供が大声で遊んでる。庭でバーベキュー。エンジン掛けっぱなし。お隣がうるさい時はどうしたら?

お客様の声

2019/05/06

えざらいって何?戸建てに住むとそんな事しないといけないの?

お客様の声

2022/11/26

富山県で新築・中古住宅入居時のお祓い、どの神社にお願いする?

  • ブログ購読

    いつもブログをお読みいただき誠にありがとうございます。メールアドレスを登録いただければ新着記事をメールで確認する事が出来ます。いちいちホームページを見る必要がなく、便利です。特にデメリットはありませんので、是非ご登録をお願い致します!

安心・快適・満足を叶えます!

(有)ランド・プラン 代表取締役

高野 竜成

PROPERTY

取扱中物件

住み続けられるまちづくりを

中古活用循環社会へ

空き家が増え続けています。高岡市だけで11,000戸の空き家が存在し、『6軒に1軒が空き家』という状態です。その上で人口減少は止まる事を知らず、物価高と人手不足を原因とした新築価格は高騰の一途を辿っています。しかし、それでも家は建てられ続けています。本当にこのままで大丈夫なんでしょうか?そこで弊社は「中古住宅を活用して安心できる住まいを提供する!」と決意しました。大量生産・大量消費社会から中古活用循環社会へ。ランド・プランはあなたの幸せと持続可能な幸福社会を実現する『たかおかSDGsパートナー』です。中古住宅に関するご相談ならお気軽に!

ご相談者の声

あなたもお気軽にご相談くださいませ

PRESIDENT BLOG

現在の販売状況・お知らせ等

ブログの更新通知を受け取れます!
ブログサムネイル

更新通知の登録について

  • 17人の購読者に加わりましょう