MENU

2019/05/21
「中古住宅、入居中でも売れるんですか?」実際どうやって?
|
不動産屋の日常

有限会社ランド・プラン

最近、高岡市を中心として、射水市・砺波市・小矢部市・氷見市・富山市で中古住宅売却に関する相談が激増しています。

そこで、良くいただくご相談やご質問を紹介させていただき、今後の不動産売却(中古住宅売却)の参考にしていただければと思い、本シリーズを掲載する事に致しました。

まあ、数年前も同様のシリーズを書いていたのですが、その時と今とは状況が

がらっと変わってしまったのです。不動産の売却(中古住宅の売却)という事で、根本的な原理原則は変わっていないのですが、不動産市況というか

人口形態がかなり変わってきましたので、私の方も

時代に合わせた賢い不動産売却(中古住宅売却)

を考えていきたいと思っています。考えていきたいというのは「今はこうだけど、今後はどうなるか分からない」という事です。AI将棋じゃないですが、新しい手法・考え方・作戦というのは日進月歩です。

あの時上手くいったからこれは良い

とか

あの時上手くいかなかったからこれはダメ。というレベルの話ではありません。

その時の状況下の中での判断と、現在の状況下の判断が全く違うという事があるのは当たり前の事です。それを踏まえた上で、常に進化させていかないと。

という事で、相変わらず前置きが長いですが、早速第一回目。良くあるご質問の一つにお答えしておきましょう。良くあるご質問、まずは

「中古住宅、入居中でも売れるのですか?」

です。

弊社でもたまーにそのように致しますが、入居中というのは、現在の売主様が、その物件に住み続けながら購入希望者を探すというやり方です。

さっさと結論を書きますが、入居中でも、売れるは売れます。しかし

売れるまでに時間が掛かる事が多く、売買金額も、ちょっと抑え気味にならざるを得ない。

という事があります。

理由としては、まず「入居中」だと、物件を探す方自身が遠慮します。私でも、「入居中」とあると、ちょっと腰が引けてしまいます。

また

中古住宅というのは、「中古住宅だけども、ある程度綺麗になっていて、そのままでも全然住めそう」という感覚が非常に大事です。

「中古住宅だから、結構治さないといけないなあ」とか「うわっ、汚いなあ」と、第一印象で思われてしまうと、ちょっと苦戦します。

なのでセオリーとしては

「中の荷物を全て搬出し」

「ある程度綺麗に掃除して」

「中古住宅という生活感を極力無くす」

というのが、中古住宅を早期に、また、出来るだけ高値で売却する為の戦略となります。

また実際、幸いにしてすぐにお客様が付いた場合でも、今度は「どの荷物を搬出して、どの荷物は残すか」と言った話になりますので、結構煩雑ですし、上手くやらないとトラブルの元になります。

退去・入居のやり取りも、実際やってみると中々大変ですし。なので本来は

「退去した後で」販売を開始した方が、全ての面においてメリットがあります。(早期売却・高値売却・スムーズな取引)

とはいえ、いつもいつもそう出来るとは限りません。様々な事情がありますので、どうしても次の住居へ引っ越しが出来ないケースもままあります。

なので、「入居中」が絶対にダメという事は無いのですが、この場合はいつもの中古住宅売却よりもさらに

「売主様と不動産業者の緊密な信頼関係」

が重要になってきます。具体的に言えば、不動産業者から「いついつ案内したいのですが・・・」となった時、

「時間や鍵の取り扱い」に、柔軟に対応していただく事が必要になります。

不動産業者も、早期売却・高値売却の為に「どういった努力が必要か」をしっかりと売主様に伝えないといけません。

その他、荷物の搬出や退去の打合せも、売主・買主・不動産業者でしっかりと協議しないといけまません。そうじゃないと・・・

いつまで経っても見学客ばかり。という事になってしまいます。

という事で本日の結論。中古住宅売却のセオリーは、まずは「綺麗にしてから販売を開始」する事。しかしそれが無理な場合は「売主様と不動産業者の緊密な信頼関係」が前提として「入居中」のままでも売却は可能。という事です。

不動産売却は、最初の戦略を間違えると泥沼化します。私も何度泥沼ってきたか。。

貴方は是非、失敗しないで下さいませ。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    カテゴリー |
    不動産屋の日常
    タグ |
    不動産売却
    不動産業界
    中古住宅

    7大お悩み相談

    お客様の声

    2022/04/17

    集合住宅。いつまで窮屈な思いを続けなきゃいけないの?

    お客様の声

    2022/04/09

    賃貸生活と持家生活。結局どっちが得なんですか?

    お客様の声

    2022/04/15

    住宅の老朽化が目立ってきた。修繕?建替え?住み替える?

    お客様の声

    2022/04/09

    子育ての為、そろそろ自分の家を持った方が良いのでは?

    お客様の声

    2022/05/01

    中古住宅ってなんか心配。購入後の生活は本当に大丈夫?

    お客様の声

    2022/04/21

    家ってお高いですよね?どうしたら不安なく家が買える?

    お客様の声

    2022/04/16

    多世帯同居。どうすれば家族みんなが幸せに生活出来る?

    よくあるご質問

    お客様の声

    2022/12/05

    ランド・プランのリフォーム済み住宅って、一体どこまでリフォームしているんですか?

    お客様の声

    2022/01/25

    築〇十年なのに、なんでこんなに固定資産税が高いの!?に対する答え。

    お客様の声

    2020/11/18

    どっちが負担!?住宅解体時の外壁補修問題。隣の壁は誰が直す?

    お客様の声

    2024/03/15

    この3つでok。悪徳不動産屋が語る『人前で喋るコツ』

    お客様の声

    2024/06/10

    なこよかひっとべ。住宅ローンの支払いがキツい場合の解決法は?

    お客様の声

    2022/11/26

    富山県で新築・中古住宅入居時のお祓い、どの神社にお願いする?

    お客様の声

    2022/04/19

    地元不動産屋の功罪。地元?大手?その不動産相談、誰にする?

    • ブログ購読

      いつもブログをお読みいただき誠にありがとうございます。メールアドレスを登録いただければ新着記事をメールで確認する事が出来ます。いちいちホームページを見る必要がなく、便利です。特にデメリットはありませんので、是非ご登録をお願い致します!

    PROPERTY

    取扱中物件

    私がサポート致します!

    代表取締役 TAKANO RYUSEI

    高野 竜成

    中古住宅相談事例

    中古住宅探しも中古住宅売却もお気軽に!

    住み続けられるまちづくりを

    中古活用・循環社会へ

    空き家が増え続けています。高岡市だけでも1万戸以上の空き家が存在し、今や『6軒に1軒が空き家』という状態です。その上で人口減少は止まる事を知らず、物価高と人手不足を原因とした新築価格は高騰の一途を辿っています。しかし、それでも新築住宅は建てられ続けています。本当にこのままで大丈夫なんでしょうか?そこで弊社は「中古住宅を活用して、安心できる住まいを提供する!」と決意しました。大量生産・大量消費社会から中古活用・循環社会へ。ランド・プランは『あなたの幸せ』と『持続可能な幸福社会』を創造する『たかおかSDGsパートナー』です。高岡市の中古住宅相談ならお気軽に!

    PRESIDENT BLOG

    不動産屋のひとりごと

    ブログの更新通知を受け取れます!
    ブログサムネイル

    更新通知の登録について

  • 17人の購読者に加わりましょう