MENU

2023/08/30
踊る住宅ローン金利。アメリカで起こった事件は5年後日本でも起こる。
|
不動産屋の日常

有限会社ランド・プラン

アメリカの住宅ローン金利が『7%』の大台に乗ったようです。

米国 – 住宅ローンの利率

7%って・・・

先日書いたブログ『4500万?5000万?6000万?エキゾチック・ジャパンじゃないんです!』の例で言うと。

4500万円借入なら毎月287,485円

5000万円借入なら毎月319,428円

6000万円借入なら毎月383,313円

の支払いって事ですよ!(いずれも35年払いを想定)

はい、ムーリ!ムーリ!!絶対ムーリ!!!

という数字です。少なくとも私には絶対無理。

『でも、それってアメリカの事でしょ?日本はずっと低金利なのでは?』

と思われる方もいらっしゃるでしょうが、実際、日本でも『バブル時代』住宅ローンの金利は8%を超えていました。

『絶対にない』とは言えないんです。そして。

アメリカで起こった事件は5年後日本でも起こる』という名言もあります。ご存知『踊る大捜査線』で青島刑事が言っていたセリフですね。

知りません?確か劇場版言ってたはずです。

今、日本では確かにず~っと低金利が続いています。住宅ローンも0.35%とか0.28%とか、『それで銀行の商売が成り立つの?』という金利が多いです。

しかし・・・

ある時突然、銀行から『住宅ローン金利を上げさせていただきます』という通知が来ないとは限りません。

何故なら『アメリカで起こった事件は5年後日本でも起こる』から。

実際。

毎月の住宅ローンが『28万円』とか『31万円』とか『38万円』とかになったら、払えます?

ちなみに私がサラ金で働いていた時代(2002~2006年)は、無担保ローンで年利29.2%。不動産担保ローンでも年利12~18%程でした。

・・・

良く考えたら恐ろしい数字です。

良く考えなくても、恐ろしい数字ですけど。

それに比べれば、現在のアメリカ住宅ローンの『金利7%』ってのは、そんなに恐ろしい数字では無いのかも知れません。

私には

到底払えませんし

払いたくも

ありませんけど・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

カテゴリー |
不動産屋の日常
タグ |
住宅ローン
名言集

7大お悩み相談

お客様の声

2022/04/09

賃貸生活と持家生活。結局どっちが得なんですか?

お客様の声

2022/04/09

子育ての為、そろそろ自分の家を持った方が良いのでは?

お客様の声

2022/04/17

集合住宅。いつまで窮屈な思いを続けなきゃいけないの?

お客様の声

2022/04/15

住宅の老朽化が目立ってきた。修繕?建替え?住み替える?

お客様の声

2022/05/01

中古住宅ってなんか心配。購入後の生活は本当に大丈夫?

お客様の声

2022/04/21

家ってお高いですよね?どうしたら不安なく家が買える?

お客様の声

2022/04/16

多世帯同居。どうすれば家族みんなが幸せに生活出来る?

よくあるご質問

お客様の声

2022/04/20

不動産共有は不動産共憂?そう言う話を今日言う?

お客様の声

2022/11/26

甘い物を食べると、しょっぱい物が食べたくなる。後悔の無い家づくりとは?

お客様の声

2022/11/27

何故ランド・プランは床フロアー材に『杉無垢材』を使うのか?

お客様の声

2019/09/20

そもそも新築住宅って何!?メリット・デメリットは!?

お客様の声

2024/01/08

高岡市の屋根瓦修理はどんな業者にお願いすれば良いんですか?

お客様の声

2022/12/12

子供が大声で遊んでる。庭でバーベキュー。エンジン掛けっぱなし。お隣がうるさい時はどうしたら?

お客様の声

2020/02/24

賃貸が得?持家が得?そんな悠長な話している場合じゃありません。「老後に住める家がない!」

  • ブログ購読

    いつもブログをお読みいただき誠にありがとうございます。メールアドレスを登録いただければ新着記事をメールで確認する事が出来ます。いちいちホームページを見る必要がなく、便利です。特にデメリットはありませんので、是非ご登録をお願い致します!

私がサポート致します!

(有)ランド・プラン 代表取締役

高野 竜成

PROPERTY

取扱中物件

中古住宅でSDGs!

プレミアム中古住宅は、以下『8つの特徴』を全て
備えた『安心・快適・満足』を叶える住まいです。

scroll me

つくる責任 つかう責任

中古住宅を活用する

空き家が増え続けています。高岡市だけで11,000戸の空き家が存在し、『6軒に1軒が空き家』という状態です。その上で人口減少は止まる事を知らず、物価高と人手不足を原因とした新築価格は高騰の一途を辿っています。しかし、それでも家は建てられ続けています。本当にこのままで大丈夫なんでしょうか?そこで弊社は「中古住宅を活用して安心できる住まいを提供する!」と決意しました。大量生産大量消費社会から中古活用循環社会へ。ランド・プランは『あなたの幸せ』と『持続可能な幸福社会』を実現する『たかおかSDGsパートナー』です。高岡市の中古住宅相談ならお気軽に!

PRESIDENT BLOG

不動産屋のひとりごと

ブログの更新通知を受け取れます!
ブログサムネイル

更新通知の登録について

  • 17人の購読者に加わりましょう