MENU

2019/08/01
高岡市金屋町住宅用土地、昨日お引渡し完了致しました。
|
不動産屋の日常

有限会社ランド・プラン

休暇中の決済第二弾です。休んだ方が仕事が進むというこの矛盾。はさておき、今回も誠にありがとうございました。

高岡市金屋町・・・。伝統ある町です。伝統ある町という事は、古くからの町という事です。

当たり前ですが。

しかし、古くからの町という事は、区画割も昔風、道路(得に幅員)も昔風で、中々

現代にマッチした住宅用地というのは難しいのです。

現代にマッチした住宅用地とは、端的に言えば

自動車

そもそも、自動車を駐車出来るスペースがないと不便ですし、自動車の出入りに苦労する所も不便です。昔(江戸時代等)は、自動車なんて無かったですからねえ・・・

 

これまた当たり前ですが。

 

今回も、いわゆる高岡の「まちなか」物件だったのですが、道路が狭いのでセットバックが必要で、おまけに角地の為、道路隅切りが必要。

 

土地も台形のような形で、いわゆる「住宅が設計しづらい」形状。

 

新興住宅団地のように、綺麗な四角形ではありません。

 

道路が狭い、敷地も狭い、形状も悪い。加えて準防火地域・現状駐車場。建ぺい率は超絶ギリギリ。地域性を考えても、結構(かなり)大変な土地だと思います。

 

が!

 

本田宗一郎だったか松下幸之助が言ってましたが、

 

アイディアというのは「制約(制限)の中から生まれる」のです。

 

 

人間、「自由に、好きなようにやって」と言われると、中々画期的なアイディアというのは生まれません。

 

「これは現実的に不可能、これは金銭的に不可能、これは法律的に不可能」と言われると

 

「ワシにどうせい言うんじゃ!!」

 

とキレそうになりますが、一旦冷静になって、ある程度時間を掛けて考えてみると

 

「こうすれば意外と出来るんじゃね?」というアイディアが生まれて

 

来る事もあります。(来ないときもある)

 

今回は、私ではなく、完全に

 

「買主様の方が」画期的なアイディアを出してきてくれましたので、それで何とか形になった案件でした。

 

「諦めたらそこで終わり」と言うセリフも良く聞きますが、

 

「ギリギリまで、一滴の雫も落ちない程度まで脳味噌を振り絞った後じゃないと」

 

諦めてはいけないのだなあ。と、改めて認識した次第です。

 

てことで今日も、ギリギリまで考えて生きていきます。ギリギリでいつも生きていたいから~♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

カテゴリー |
不動産屋の日常
タグ |
まちなか
高岡市

7大お悩み相談

お客様の声

2022/04/17

集合住宅。いつまで窮屈な思いを続けなきゃいけないの?

お客様の声

2022/04/16

多世帯同居。どうすれば家族みんなが幸せに生活出来る?

お客様の声

2022/05/01

中古住宅ってなんか心配。購入後の生活は本当に大丈夫?

お客様の声

2022/04/09

子育ての為、そろそろ自分の家を持った方が良いのでは?

お客様の声

2022/04/09

賃貸生活と持家生活。結局どっちが得なんですか?

お客様の声

2022/04/21

家ってお高いですよね?どうしたら不安なく家が買える?

お客様の声

2022/04/15

住宅の老朽化が目立ってきた。修繕?建替え?住み替える?

よくあるご質問

お客様の声

2019/08/18

住宅に神棚って必要ですか?どこに置けば良い?神棚がある家と無い家の末路

お客様の声

2020/11/15

専属専任媒介とは?中継ぎも抑えもホント大変!

お客様の声

2023/07/11

農地(田・畑)から宅地(雑種地含む)に地目変更すると、固定資産税はどうなるの?

お客様の声

2024/01/18

高岡市某所の土地売買完了。隣地を少しだけ欲しい時はどうする?

お客様の声

2023/05/21

木造住宅は20年(22年)で価値ゼロ?居住用家屋の減価償却と不動産査定。

お客様の声

2023/03/02

住宅ローン控除の必要書類。登記事項証明書は省略可能?

お客様の声

2022/12/05

ランド・プランのリフォーム済み住宅って、一体どこまでリフォームしているんですか?

  • ブログ購読

    いつもブログをお読みいただき誠にありがとうございます。メールアドレスを登録いただければ新着記事をメールで確認する事が出来ます。いちいちホームページを見る必要がなく、便利です。特にデメリットはありませんので、是非ご登録をお願い致します!

安心・快適・満足を叶えます!

(有)ランド・プラン 代表取締役

高野 竜成

PROPERTY

取扱中物件

住み続けられるまちづくりを

中古活用循環社会へ

空き家が増え続けています。高岡市だけで11,000戸の空き家が存在し、『6軒に1軒が空き家』という状態です。その上で人口減少は止まる事を知らず、物価高と人手不足を原因とした新築価格は高騰の一途を辿っています。しかし、それでも家は建てられ続けています。本当にこのままで大丈夫なんでしょうか?そこで弊社は「中古住宅を活用して安心できる住まいを提供する!」と決意しました。大量生産・大量消費社会から中古活用循環社会へ。ランド・プランはあなたの幸せと持続可能な幸福社会を実現する『たかおかSDGsパートナー』です。中古住宅に関するご相談ならお気軽に!

ご相談者の声

あなたもお気軽にご相談くださいませ

PRESIDENT BLOG

現在の販売状況・お知らせ等

ブログの更新通知を受け取れます!
ブログサムネイル

更新通知の登録について

  • 17人の購読者に加わりましょう