MENU

2021/07/27
「やめる!」シリーズ。今回やめたのは生命保険!でも、住宅の火災保険はどうする?
|
不動産屋の日常

有限会社ランド・プラン

二年前辺りから「無駄な事はやめる!」と意識して色々やめている私です。という事で今回やめたのは!

保険です。生命保険。全部やめました。スパッと全解約

「え?なんかあったらどーすんの!?」というご意見もあるでしょうが、私の家族構成・家計環境・仕事内容などを考慮すると

無駄だ!

と判断した次第です。そして、この事で浮いたお金が年間84万円

日本は結構「公的保険」が手厚いので、そこまで過大な民間保険は必要無いと思ったわけですね。「真面目に社会保険料払っているだけじゃダメ」でしょ。そういうモノこそ頼りにしないと。

私の場合は住宅ローンの「団体信用生命保険」があるので、私が死んでも家は残りますしね。「後は残った人達で力を合わせて生きていってね~」という気持ちもあります。

当然、浮いた保険金を「貯蓄」や「投資」に回して「万一の時の資金リスクに備える」事はしますけども。

ちなみにですが、私は「過大な保険は無駄」と言ってますが「住宅火災保険」は絶対付けておくべきと思ってます。絶対に。です。

病気なら「ある程度の治療や休養」で復活出来ますが、家は「まとまったおカネが無いと」復活出来ないからです。そして、家は無くなってもローンは残るんですよ?最悪じゃないですか?

「じゃあ住宅ローンが終わったあとなら解約しても良いのでは?」という議論もありますが、住宅ローンの返済が終わる頃って、もう結構な年齢じゃないですか?全盛期と比べて収入下がってませんか?それで再建出来ますか?

どれだけ自分で注意していても、『地震』もあれば『もらい火』もあるんです。正に『備えあれば憂いなし』です。

被災者生活再建支援制度というのもあるそうですが、最高でも貰えるのは300万円。

天災は怖いですよ・・・

日本は普通に天災来ますよ・・・

それは歴史が証明しています。

備えましょう!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    カテゴリー |
    不動産屋の日常
    タグ |
    住宅ローン
    地震
    火災保険

    7大お悩み相談

    お客様の声

    2022/04/21

    家ってお高いですよね?どうしたら不安なく家が買える?

    お客様の声

    2022/04/16

    多世帯同居。どうすれば家族みんなが幸せに生活出来る?

    お客様の声

    2022/04/15

    住宅の老朽化が目立ってきた。修繕?建替え?住み替える?

    お客様の声

    2022/04/09

    子育ての為、そろそろ自分の家を持った方が良いのでは?

    お客様の声

    2022/05/01

    中古住宅ってなんか心配。購入後の生活は本当に大丈夫?

    お客様の声

    2022/04/17

    集合住宅。いつまで窮屈な思いを続けなきゃいけないの?

    お客様の声

    2022/04/09

    賃貸生活と持家生活。結局どっちが得なんですか?

    よくあるご質問

    お客様の声

    2022/09/16

    贈与?売買?「親子間・親族間の不動産取引ってどうすればいいんですか?」

    お客様の声

    2022/01/12

    住宅ローン控除に関するご質問をいただきましたので。確定申告実践編。

    お客様の声

    2022/04/05

    こどもみらい住宅支援事業。こどもがいないとダメなの?

    お客様の声

    2020/10/19

    『隣りの土地は相場の倍出しても買え』『隣りの土地は借金しても買え』は本当?

    お客様の声

    2023/05/21

    木造住宅は20年(22年)で価値ゼロ?居住用家屋の減価償却と不動産査定。

    お客様の声

    2024/03/15

    この3つでok。悪徳不動産屋が語る『人前で喋るコツ』

    お客様の声

    2024/02/29

    エコキュートの室外機から水が落ちてる。どうしたらいい?

    • ブログ購読

      いつもブログをお読みいただき誠にありがとうございます。メールアドレスを登録いただければ新着記事をメールで確認する事が出来ます。いちいちホームページを見る必要がなく、便利です。特にデメリットはありませんので、是非ご登録をお願い致します!

    PROPERTY

    取扱中物件

    私がサポート致します!

    代表取締役 TAKANO RYUSEI

    高野 竜成

    中古住宅相談事例

    中古住宅探しも中古住宅売却もお気軽に!

    住み続けられるまちづくりを

    中古活用・循環社会へ

    空き家が増え続けています。高岡市だけでも1万戸以上の空き家が存在し、今や『6軒に1軒が空き家』という状態です。その上で人口減少は止まる事を知らず、物価高と人手不足を原因とした新築価格は高騰の一途を辿っています。しかし、それでも新築住宅は建てられ続けています。本当にこのままで大丈夫なんでしょうか?そこで弊社は「中古住宅を活用して、安心できる住まいを提供する!」と決意しました。大量生産・大量消費社会から中古活用・循環社会へ。ランド・プランは『あなたの幸せ』と『持続可能な幸福社会』を創造する『たかおかSDGsパートナー』です。高岡市の中古住宅相談ならお気軽に!

    PRESIDENT BLOG

    不動産屋のひとりごと

    ブログの更新通知を受け取れます!
    ブログサムネイル

    更新通知の登録について

  • 17人の購読者に加わりましょう