MENU

2023/04/28
高岡市の旧メインストリート『三昧小路』とは?
|
不動産屋の日常

有限会社ランド・プラン

昨晩、長男が部活の『夜練』と言う事で9時40分頃に帰宅しました。

遅いっちゃ遅い時間です。真っ暗の道で怖かったようです。しょーもない。「どんな道で帰ってきたん?」と質問すると、『ある道』を答えたのでふと思い出しました。

そこって三昧小路やん」と。

出ました三昧小路(さんまいしょうじ)。

昔、ばあちゃんがいっつも言ってました。若い頃、三昧小路で狐火を見たとかどうとか。今と違って本当に寂しい道だったので、そんな事もあったんでしょう。

ちなみにウチのばあちゃんは大正15年生まれでした。炭治郎が活躍していたちょっと後くらいの時代感ですね。

鬼がいた時代なんですから、狐火くらいあってもおかしくないのかも知れません。

「で、本当にそんな事あったの?」と聞かれても私は知りません。しかしとにかく「そういう話を聞いた」のは本当です。

ちなみに、私自身も保育園の時からその道(三昧小路)は良く通ってますが、一度も変わった思い出はありません。だからもう、今は何もいないんでしょうね

ちなみにこの三昧小路。なんでそんな名称なのかというと、写真もあって素晴らしいページを見付けました。後で貼り付けておきます。

そういえば高岡市でも『旧地名』を復活させようとする動きがあるようですが、私は大賛成ですね。地名というのは歴史そのものであり、人の生活そのものでもあります。

人が名前を付けて、名前が人に影響を与える。この繰り返し。

この話、全然怖い話ではありませんし、三昧小路がどうのこうのという事でもありません。ただ一つ言える事があるとすれば「三昧小路とは、高岡の歴史と文化が詰まった、素晴らしい道路名称である」という事です。

人に歴史あり。地名に歴史あり。道に歴史あり。

長男のビビり切った顔を見て、そんな事を思った私でした。

※写真はイメージです。

三昧小路の記事はこちら⇒富山の街道(ふるみち)

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    カテゴリー |
    不動産屋の日常
    タグ |
    高岡市

    7大お悩み相談

    お客様の声

    2022/05/01

    中古住宅ってなんか心配。購入後の生活は本当に大丈夫?

    お客様の声

    2022/04/09

    賃貸生活と持家生活。結局どっちが得なんですか?

    お客様の声

    2022/04/17

    集合住宅。いつまで窮屈な思いを続けなきゃいけないの?

    お客様の声

    2022/04/09

    子育ての為、そろそろ自分の家を持った方が良いのでは?

    お客様の声

    2022/04/21

    家ってお高いですよね?どうしたら不安なく家が買える?

    お客様の声

    2022/04/15

    住宅の老朽化が目立ってきた。修繕?建替え?住み替える?

    お客様の声

    2022/04/16

    多世帯同居。どうすれば家族みんなが幸せに生活出来る?

    よくあるご質問

    お客様の声

    2020/02/24

    賃貸が得?持家が得?そんな悠長な話している場合じゃありません。「老後に住める家がない!」

    お客様の声

    2022/04/04

    火災保険をどうするか?住宅購入時の火災保険実戦知識。

    お客様の声

    2022/12/12

    子供が大声で遊んでる。庭でバーベキュー。エンジン掛けっぱなし。お隣がうるさい時はどうしたら?

    お客様の声

    2023/03/19

    相談するのにお金は必要?無料なのはどんな場合?

    お客様の声

    2022/05/04

    近隣挨拶はどこまで?いつする?引っ越しのご近所回りは「真の大人」への階段だ!

    お客様の声

    2021/08/26

    TOTOトイレ便座の付け根が割れた!交換部材を買う?出張修理?

    お客様の声

    2022/09/16

    贈与?売買?「親子間・親族間の不動産取引ってどうすればいいんですか?」

    • ブログ購読

      いつもブログをお読みいただき誠にありがとうございます。メールアドレスを登録いただければ新着記事をメールで確認する事が出来ます。いちいちホームページを見る必要がなく、便利です。特にデメリットはありませんので、是非ご登録をお願い致します!

    PROPERTY

    取扱中物件

    私がサポート致します!

    代表取締役 TAKANO RYUSEI

    高野 竜成

    中古住宅相談事例

    中古住宅探しも中古住宅売却もお気軽に!

    住み続けられるまちづくりを

    中古活用・循環社会へ

    空き家が増え続けています。高岡市だけでも1万戸以上の空き家が存在し、今や『6軒に1軒が空き家』という状態です。その上で人口減少は止まる事を知らず、物価高と人手不足を原因とした新築価格は高騰の一途を辿っています。しかし、それでも新築住宅は建てられ続けています。本当にこのままで大丈夫なんでしょうか?そこで弊社は「中古住宅を活用して、安心できる住まいを提供する!」と決意しました。大量生産・大量消費社会から中古活用・循環社会へ。ランド・プランは『あなたの幸せ』と『持続可能な幸福社会』を創造する『たかおかSDGsパートナー』です。高岡市の中古住宅相談ならお気軽に!

    PRESIDENT BLOG

    不動産屋のひとりごと

    ブログの更新通知を受け取れます!
    ブログサムネイル

    更新通知の登録について

  • 17人の購読者に加わりましょう