MENU

2023/03/20
1月は行く、2月は逃げる、3月は去る。じゃあ4月は?
|
不動産屋の日常

有限会社ランド・プラン

本日、高岡市某所中古住宅売買でした。誠にありがとうございます!

「一応仕事してるんですよ」というアピールでした。

さて。

気付くともう3月20日です。つまりもう、3月も下旬なんですよ。早いですね~。

それで言うと。

昔から『1月は行く、2月は逃げる、3月は去る』と言われます。

私も子供の頃はそんな事思いませんでしたが、社会人になると「本当にそうだなあ」と思ってしまいます。何もしてないのに、いつのまにかもう4月だなと。

1月は正月休みがあって、なんか新年会的なイベントがあって、バタバタ過ぎていきます。

2月はなんといっても『フツーに短い』です。たった数日とはいえ、体感的に「あれ?もう終わり?」という気がします。

3月は3月で色々行事がありますし「もう春なの?いや、まだ冬か?」とか思っているうちに日が過ぎます。

で、ここで思うわけです。「本当に1月は行く、2月は逃げる、3月は去る」って名言だなあと。考えた人は天才だなあと。

それにしても、あなたも思いません?1,2,3と来れば、4月は何なのか?と。

4月は何!?

が、定説は無いようです。なので私が決めます。

4月は・・・

しゃんとせい!

にしたいと思います。

「1、2、3月があっという間に過ぎ去ってしまった」とか後悔している場合じゃありません。そう思ったのであれば気合いを入れ直して「しゃんと」しないと。

じゃあ5月は?

まあ・・・その流れで言ったら「GO!GO!」でいいんじゃないでしょうか?突然英語になるのもどうかとは思いますが。

じゃあ6月は?

論点を整理しよう!」にしましょう。1年の半分です。ここらで一旦落ち着いて整理するんです。

じゃあ7月は?

なんとかなる!」にしましょう。上手く行っている事もあり、上手く行ってない事もあって、精神的に疲れてくる時期ですからね。

じゃあ8月は?

張り切って行こう!」にしましょうかね。暑さに負けず。

とまあ、今日の所はこの辺にしておきましょうか。

で、気付きました?

4月以降は、ただ時間に流されるんじゃなくて『能動的になってる』んですよ。ぼけーっと流されるままじゃイカンですからね。

そういう、自戒を込めたブログでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

カテゴリー |
不動産屋の日常
タグ |

7大お悩み相談

お客様の声

2022/05/01

中古住宅ってなんか心配。購入後の生活は本当に大丈夫?

お客様の声

2022/04/09

賃貸生活と持家生活。結局どっちが得なんですか?

お客様の声

2022/04/09

子育ての為、そろそろ自分の家を持った方が良いのでは?

お客様の声

2022/04/17

集合住宅。いつまで窮屈な思いを続けなきゃいけないの?

お客様の声

2022/04/16

多世帯同居。どうすれば家族みんなが幸せに生活出来る?

お客様の声

2022/04/15

住宅の老朽化が目立ってきた。修繕?建替え?住み替える?

お客様の声

2022/04/21

家ってお高いですよね?どうしたら不安なく家が買える?

よくあるご質問

お客様の声

2020/12/18

必要?無用?地鎮祭はやるべき?実際に地鎮祭を行われた方の声。

お客様の声

2020/02/24

賃貸が得?持家が得?そんな悠長な話している場合じゃありません。「老後に住める家がない!」

お客様の声

2024/03/04

結露発生!断熱性が悪いから?お金を掛けずに今すぐ出来る防止策は何?

お客様の声

2018/09/14

この差って何?違いは何?不動産取引の「予約」と「売約(成約)」と「SOLDOUT」

お客様の声

2020/10/19

『隣りの土地は相場の倍出しても買え』『隣りの土地は借金しても買え』は本当?

お客様の声

2022/12/05

ランド・プランのリフォーム済み住宅って、一体どこまでリフォームしているんですか?

お客様の声

2023/07/20

洗面台が壊れた!これって保証の範囲内?火災保険の『破損・汚損等』って?

  • ブログ購読

    いつもブログをお読みいただき誠にありがとうございます。メールアドレスを登録いただければ新着記事をメールで確認する事が出来ます。いちいちホームページを見る必要がなく、便利です。特にデメリットはありませんので、是非ご登録をお願い致します!

安心・快適・満足を叶えます!

(有)ランド・プラン 代表取締役

高野 竜成

PROPERTY

取扱中物件

住み続けられるまちづくりを

中古活用循環社会へ

空き家が増え続けています。高岡市だけで11,000戸の空き家が存在し、『6軒に1軒が空き家』という状態です。その上で人口減少は止まる事を知らず、物価高と人手不足を原因とした新築価格は高騰の一途を辿っています。しかし、それでも家は建てられ続けています。本当にこのままで大丈夫なんでしょうか?そこで弊社は「中古住宅を活用して安心できる住まいを提供する!」と決意しました。大量生産・大量消費社会から中古活用循環社会へ。ランド・プランはあなたの幸せと持続可能な幸福社会を実現する『たかおかSDGsパートナー』です。中古住宅に関するご相談ならお気軽に!

ご相談者の声

あなたもお気軽にご相談くださいませ

PRESIDENT BLOG

現在の販売状況・お知らせ等

ブログの更新通知を受け取れます!
ブログサムネイル

更新通知の登録について

  • 17人の購読者に加わりましょう