メニュー

2020/03/17
不動産屋が銀行に同行すると住宅ローンが通りやすくなるの!?(その融資、通るか通らないか)
|
よくあるご質問

有限会社ランド・プラン

という話です。以前、あるお客様が「二つの銀行で住宅ローン通らなくて・・・」と落ち込んでおられました。一つはネットで、もう一つは店頭で審査を申し込んだのだそうです。しかし結果は

「二行とも融資不可」。

確かに最近、住宅ローンの審査が厳しめになった事は、私も肌で感じておりました。

結論としてこの場合は、私の方で別の銀行をご紹介&同行させていただきまして、無事承認がおりました。

しかし、この差って何!?と思いません?お教えしましょう。

まず「ネット審査」ですが、これは「融資する側からしても」結構やりにくいモンなんです。

いや、やりにくいと言いますか「画一的な審査」になるのです。年収額がいくら、返済比率がいくら、勤務形態がどう、勤続年数がどう、家族構成がどう、年齢がどう、と言った

「数値」の審査しか出来ないわけです。いわゆる

「ゲタを履かせられない」という事ですね。ゲタを履かす。つまり「加点」です。数字的に

「融資okかな~、いやー難しいな~」という時に「数値では表せない」所で加点があると、審査は通りやすくなります。

ちなみに私は以前『消費者金融会社』に勤めてましたが、与信審査のポイントは3つと習いました。いわく

R.S.C。

Rは、Real estate(リアルエステイト)の頭文字で、「不動産」の担保価値。

Sは、Status(ステータス)の頭文字で、「その人の社会的立場や収入」。

そしてCが

Character(キャラクター)の頭文字で、「人間性・性格」です。

この三つで判断しろと言われていました。つまりこれは、逆に言うと

不動産を持ってなくて、ステイタスがちょっと弱くても、人間性が良ければ加点になるという事です。

あとはやはり「いつもいつも顔出している不動産業者からの紹介」だと、銀行の方も「いつも案件貰ってるし、何とか通してあげたいなあ」と思うものですし、実際「安心」でもあります。

やはり

一見(いちげん)さん」にお金を融資するのと、「(一応)信頼している業者から紹介された人」にお金を融資するのでは、どちらが「より不安が薄いか?」というと、答えは決まってますよね。

そういうわけで、たとえ一つの銀行で融資が不可でも、他に手はあるのです。あきらめずに「今出来る事を」しっかりとやっていきましょう!

ちなみに最後に書いておきますが、裏技的に、無理に通したわけではありません。「通って当然の方」なのに、審査の都合で通らなかっただけなんですよ。私がやったのは銀行の不安を和らげた事に過ぎません。

そもそも私が何をどう計算しても、本来なら

通って当然の方だったんですから。

カテゴリー |
よくあるご質問
タグ |
不動産営業
住宅ローン
7大お悩み相談
2022/04/17
集合住宅。いつまで窮屈な思いを続けなきゃいけないの?
2022/04/16
多世帯同居。どうすれば家族みんなが幸せに生活出来る?
2022/04/21
家ってお高いですよね?どうしたら不安なく家が買える?
2022/04/09
賃貸生活と持家生活。結局どっちが得なんですか?
2022/04/09
子育ての為、そろそろ自分の家を持った方が良いのでは?
2022/05/01
中古住宅ってなんか心配。購入後の生活は本当に大丈夫?
2022/04/15
住宅の老朽化が目立ってきた。修繕?建替え?住み替える?
よくあるご質問
2018/09/14
この差って何?「予約中」と「成約済」と「SOLDOUT」
2020/11/15
専属専任媒介とは?中継ぎも抑えもホント大変!
2020/11/18
高岡市木津中古住宅、本日ご成約いただきました。(どっちが負担!?解体時の外壁補修問題)
2020/12/09
不動産取得税の納付書と申告書が届いた。でも建築中で「建物」の申告書が書けない。どうすれば?
2022/06/05
真面目にやればやるほど不安を与える。ゼロリスク思考の打破は中々難しい。
2022/04/04
住宅購入の際の火災保険。結局どうすれば良い?
2021/08/10
落雷が原因?エコキュートが完全停止。全く動かなくなった!
  • 最新情報をメールで確認

    メールアドレスを記入いただければ最新情報をメールで受信できます。いちいちホームページを確認する必要がなく、便利です。解除もすぐに出来ますよ!

お一人お一人のお悩みと
真剣に向き合いたいので
ご相談は完全予約制です。
(5,500円/1時間)

全て代表者自身が担当します。
(有)ランド・プラン 代表取締役

高野 竜成

PROPERTY

取扱中物件

PRESIDENT BLOG

代表者の鬱々不動産日記

それぞれ随時更新中

HOUSE TOUR

- ウェブ オープンハウス -