MENU

2018/09/29
高岡市駅南3LDK中古マンション、無事ご決済いただきました。(副題:住居表示の話)
|
不動産屋の日常

有限会社ランド・プラン

先日、高岡市駅南三丁目の「ディーグランセ高岡八丁道」無事ご決済いただきました。誠にありがとうございます。

今回私も初めて入らせて貰ったわけですが、本当に立派なマンションでした。

で、今日は突然ですが「住居表示」の話を致します。そもそもですが、不動産(土地)には「地番」というのが付けられています。

ま、そういうのが無いと「どの土地か」判別出来ませんからね。

で、不動産物件によっては「地番」と「住居表示」が違う事も良くあるのです。が、ここは難しくなるので一旦端折ります。

ここで私の経験談を語りましょう。実は私の家とお隣の家は

「住居表示が同じ」です。

別に二世帯住宅とか同じ敷地に建っているわけではありません。全く関係のない「お隣同士」というだけの関係なんですが、住居表示は同じ。

うーん・・・。不便。

最近もネットで新居用のモノを注文して送って貰っているのですが、運送業者さんも混乱します。「ここで合ってます?」と。だって同じ数字の家が二つあるんですもんね。そりゃ分かりにくいです。

高岡市でも、たまーに「お隣」あるいは「道路を挟んで」同じ住居表示の家があります。先日なんかは

「三軒」同じ住居表示の家が並んでいる案件を扱いました。

で、何故こんな事になるのかというと、住居表示を決めているのは「市」なんですが、市のルールでは「道路との関係」と「敷地の間口」で数字を割り振っているんですよね。

一戸の”家”に番号を割り振っているのではないのです。一定の「敷地(間口)」に番号を振っているので、その間口の中に二つ以上住宅があると

全部同じ住居表示になるのです。そんな・・・。

だからもう、こうなったら「うちはこういう番号ですけど間違いじゃないですよ!」という事をアピールしなければなりません。

めんどくさ・・・

ま、「こういう事もある」というミニ知識として、知っておいて損は無いと思います。それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

カテゴリー |
不動産屋の日常
タグ |
高岡市

7大お悩み相談

お客様の声

2022/04/09

子育ての為、そろそろ自分の家を持った方が良いのでは?

お客様の声

2022/04/09

賃貸生活と持家生活。結局どっちが得なんですか?

お客様の声

2022/04/21

家ってお高いですよね?どうしたら不安なく家が買える?

お客様の声

2022/04/16

多世帯同居。どうすれば家族みんなが幸せに生活出来る?

お客様の声

2022/05/01

中古住宅ってなんか心配。購入後の生活は本当に大丈夫?

お客様の声

2022/04/17

集合住宅。いつまで窮屈な思いを続けなきゃいけないの?

お客様の声

2022/04/15

住宅の老朽化が目立ってきた。修繕?建替え?住み替える?

よくあるご質問

お客様の声

2023/06/13

隣の敷地からサッカーボールが飛んでくる。子供が不法侵入。どうしたら良いですか!?

お客様の声

2024/02/29

エコキュートの室外機から水が落ちてる。どうしたらいい?

お客様の声

2022/04/05

こどもみらい住宅支援事業。こどもがいないとダメなの?

お客様の声

2018/09/14

この差って何?違いは何?不動産取引の「予約」と「売約(成約)」と「SOLDOUT」

お客様の声

2022/09/16

贈与?売買?「親子間・親族間の不動産取引ってどうすればいいんですか?」

お客様の声

2021/08/10

エコキュート が完全に動かない。落雷が原因?それとも活動限界?

お客様の声

2022/11/26

甘い物を食べると、しょっぱい物が食べたくなる。後悔の無い家づくりとは?

  • ブログ購読

    いつもブログをお読みいただき誠にありがとうございます。メールアドレスを登録いただければ新着記事をメールで確認する事が出来ます。いちいちホームページを見る必要がなく、便利です。特にデメリットはありませんので、是非ご登録をお願い致します!

私がご相談を承ります!

(有)ランド・プラン 代表取締役

高野 竜成

中古住宅でSDGs!

プレミアム中古住宅は、以下『8つの特徴』を全て
備えた『安心・快適・満足』を叶える住まいです。

scroll me

PRESIDENT BLOG

不動産屋のひとりごと

PROPERTY

取扱中物件

つくる責任 つかう責任

中古住宅を活用する

空き家が増え続けています。高岡市だけで11,000戸の空き家が存在し、『6軒に1軒が空き家』という状態です。その上で日本の人口減少は止まる事を知らず、物価高と人手不足を原因とした新築価格は高騰の一途を辿っています。しかし、それでも家は建てられ続けています。本当にこれで大丈夫なんでしょうか?そこで弊社は「中古住宅を活用して、安心できる住まいを提供する」と決意しました。大量生産・大量消費社会から中古活用・循環社会へ。ランド・プランは『あなたの幸せと持続可能な幸福社会』を実現する『たかおかSDGsパートナー』です。高岡市の中古住宅相談ならお気軽に!

ブログの更新通知を受け取れます!
ブログサムネイル

更新通知の登録について

  • 17人の購読者に加わりましょう