MENU

2022/11/11
いよいよ新聞購読もやめた。北日本新聞も日経新聞も富山新聞もごめんなさい。
|
不動産屋の日常

有限会社ランド・プラン

年賀状を出すのをやめ、コンビニ・お酒・テレビもやめ、とにかく「やめる事」を日々探している私ですが、今度は新聞購読をやめました。

新聞も、長い事読んでましたよねえ。26歳の時に結婚してアパートに住み、なんとなく「本格的に社会人になってきたかなあ?」と思った私が真っ先に手続きを行ったのが「新聞定期購読の申し込み」でした。

時代ですなあ・・・

とにかく新聞を読まないと怖かったんですよね。世間知らずと思われたり、無教養なヤツだと思われるのが嫌だったのでしょうな。若さと言うのは時に痛々しいモノです。

とりあえず20年以上も新聞を取ってきて思うのは「コスパは悪くないな」という事です。あの情報量で毎月3000円ちょっと?というのは費用対効果として悪くありません

特に、我々「地域の不動産業者」というものは「地域の事をどれだけ知っているか」も実力の一つです。その為にも新聞が果たしてくれている功績は非常に大なのですが・・・

私個人の都合で言うと、とにかく「古新聞が溜まっていく」のがガマン出来ないんですよ。新聞紙を入れる為の紙袋に入れて、広くも無い自宅や会社の片隅に置いておき、溜まったら古紙リサイクル業者の元に運ぶ。

置くスペースの無駄であり、整理する労力の無駄であり、運ぶ労力の無駄

に思えてしまうんですねえ。加えて、現代は「油断すると」とにかくどこからでも情報が入って来てしまう時代です。とにかく情報量が多い。

自分に全く必要の無い情報も、また多いのです。

と言う事で新聞は読むのをやめました。web契約は残ってるので、内容自体はデジタル購読出来ますしね。

たまに「お悔やみ欄を読む為に新聞を取っている」という方もいらっしゃいますが、そもそも私は「通夜・葬式に出るのも」やめてますからね。見れなくても全く問題ないのです。

やめる・やめる・やめる。です。そして、その代わりに出来た余裕であなたをサポートするわけですな。

エネルギーを「本当は大切じゃ無い事」に消費してしまい、そのせいで「本当に大切な事」にフォーカス出来なくなるという事態は、避けないといけないのです。

なので私の事を「通夜も葬式も出ないなんて!(思っていた通り)人でなしだ!」と思ったあなた。それは半分正解で、半分誤っています。

私が人でなしなのは半分だけです。

残り半分は、結構良いヤツですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

カテゴリー |
不動産屋の日常
タグ |
断捨離

7大お悩み相談

お客様の声

2022/05/01

中古住宅ってなんか心配。購入後の生活は本当に大丈夫?

お客様の声

2022/04/17

集合住宅。いつまで窮屈な思いを続けなきゃいけないの?

お客様の声

2022/04/09

子育ての為、そろそろ自分の家を持った方が良いのでは?

お客様の声

2022/04/15

住宅の老朽化が目立ってきた。修繕?建替え?住み替える?

お客様の声

2022/04/21

家ってお高いですよね?どうしたら不安なく家が買える?

お客様の声

2022/04/09

賃貸生活と持家生活。結局どっちが得なんですか?

お客様の声

2022/04/16

多世帯同居。どうすれば家族みんなが幸せに生活出来る?

よくあるご質問

お客様の声

2020/02/08

凍結!?ポンプの故障!?「井戸水が出ない!どうすれば良いんですか!?」

お客様の声

2019/12/31

「住宅ローンって、早く返した方が得なんですよね?」

お客様の声

2024/02/26

壁紙(クロス)の繋ぎ目に隙間やヒビがある。これって欠陥住宅?

お客様の声

2023/03/02

「これだけですか?他に物件ないんですか?」に対する不動産屋からのお答え。

お客様の声

2022/01/12

住宅ローン控除に関するご質問をいただきましたので。確定申告実践編。

お客様の声

2022/04/06

自治会活動、結局どう付き合えば良いの?

お客様の声

2022/04/30

おけそくって何!?おけそくさんって誰!?富山県に住む時に知っておきたい謎のお言葉。

  • ブログ購読

    いつもブログをお読みいただき誠にありがとうございます。メールアドレスを登録いただければ新着記事をメールで確認する事が出来ます。いちいちホームページを見る必要がなく、便利です。特にデメリットはありませんので、是非ご登録をお願い致します!

私がサポート致します!

(有)ランド・プラン 代表取締役

高野 竜成

PROPERTY

取扱中物件

住み続けられるまちづくりを

中古活用循環社会へ

空き家が増え続けています。高岡市だけで11,000戸の空き家が存在し、『6軒に1軒が空き家』という状態です。その上で人口減少は止まる事を知らず、物価高と人手不足を原因とした新築価格は高騰の一途を辿っています。しかし、それでも家は建てられ続けています。本当にこのままで大丈夫なんでしょうか?そこで弊社は「中古住宅を活用して安心できる住まいを提供する!」と決意しました。大量生産・大量消費社会から中古活用循環社会へ。ランド・プランはあなたの幸せと持続可能な幸福社会を実現する『たかおかSDGsパートナー』です。中古住宅に関するご相談ならお気軽に!

ご相談者の声

あなたもお気軽にご相談くださいませ

PRESIDENT BLOG

現在の販売状況・お知らせ等

ブログの更新通知を受け取れます!
ブログサムネイル

更新通知の登録について

  • 17人の購読者に加わりましょう