MENU

2019/08/04
今からでも十分間に合う!宅建士試験1.5か月合格法!
|
不動産屋の日常

有限会社ランド・プラン

不動産業に興味のある方っていらっしゃいますかね?

止めておいた方がいいですよ~。資産をお持ちの方なら良いですが、私のように

無資産だと

身を削るしかないですからね~

とはいえ。必ずしも不動産業に関係しなくても

勉強することは悪い事ではありません。

・・・

ウチの娘も息子も、いつになったら勉強スイッチが入るのか。若い時勉強しとかないと、大人になったら私のように苦労するのに。

でもまあ、そんな理屈が分かるような人間なら

とっくに勉強してますわな(私も含めて)。

で、よくご質問いただくので、ここらでさくっと「宅建士試験」の合格法をお伝えしておきしょう。やるべき事は三つだけです。

1.とにかく過去問。いきなり過去問。意味分からんでも過去問。

2.とにかく独学。不安でも独学。意味分からんでも独学。

3.短期決戦。とにかく集中。一ヶ月半頑張れば十分。

です。

まずは1ですが、特にお薦めです。どうしても皆さん「基本テキスト」から始める事が多いようですが、時間の無駄です。宅建士テキストなんか、不動産業を12年間やっている私が読んでもよう分かりません。

皆さんお忙しい身。試験に出る所だけ勉強すれば良いので、基本テキストは無視。とにかく「今まで実際に出た問題」に触れる事が一番。なのでいきなり「過去問」でOK。過去問オンリーでOK。

2.これはどっちでも「自分に合ったやり方」で良いのですが、私の場合は「学校」が大っ嫌いなので、試験勉強については全て「不登校」です。資格学校にも行きません。時間とお金の無駄ですから。本当に「やろう」と思えば、学校など行かずとも「自分のペースで」勉強出来るものですよ。

もともと学問という本来の意味は

独学

のはずです。

3.人間とは「忘れる生き物」です。初期にやった所は中期になると忘れており、中期にやった所は最後になったら忘れてます。なので、忘れないうちに、超短期戦で勝負を決した方が得策です。(特に仕事していると、半年も1年もモチベーション続きまへんし)

最後に

「今からでも間に合う」と言ったものの、既に宅建士の受験受付、令和元年度は終了しております。

なので、厳密には「今から」では無理なんですが、今年度受験手続きを行っている方、過去問ですよ。最後まで過去問です。模擬試験などどーでもいいので、とにかく過去問題を、

繰り返し繰り返し繰り返し繰り返し返し栗繰り返し繰り返し

やって下さい。ちなみに、上の文章を一目見て「オカシイぞ!」と思った貴方!素晴らしい。そんな所を試験管は突いてきます。貴方はきっと試験合格間違いありません!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

カテゴリー |
不動産屋の日常
タグ |
宅地建物取引士

7大お悩み相談

お客様の声

2022/04/09

子育ての為、そろそろ自分の家を持った方が良いのでは?

お客様の声

2022/04/16

多世帯同居。どうすれば家族みんなが幸せに生活出来る?

お客様の声

2022/04/09

賃貸生活と持家生活。結局どっちが得なんですか?

お客様の声

2022/04/21

家ってお高いですよね?どうしたら不安なく家が買える?

お客様の声

2022/04/15

住宅の老朽化が目立ってきた。修繕?建替え?住み替える?

お客様の声

2022/05/01

中古住宅ってなんか心配。購入後の生活は本当に大丈夫?

お客様の声

2022/04/17

集合住宅。いつまで窮屈な思いを続けなきゃいけないの?

よくあるご質問

お客様の声

2022/12/12

子供が大声で遊んでる。庭でバーベキュー。エンジン掛けっぱなし。お隣がうるさい時はどうしたら?

お客様の声

2024/01/18

高岡市某所の土地売買完了。隣地を少しだけ欲しい時はどうする?

お客様の声

2020/02/24

賃貸が得?持家が得?そんな悠長な話している場合じゃありません。「老後に住める家がない!」

お客様の声

2019/09/20

そもそも新築住宅って何!?メリット・デメリットは!?

お客様の声

2020/11/18

どっちが負担!?住宅解体時の外壁補修問題。隣の壁は誰が直す?

お客様の声

2023/07/20

洗面台が壊れた!これって保証の範囲内?火災保険の『破損・汚損等』って?

お客様の声

2024/06/10

なこよかひっとべ。住宅ローンの支払いがキツい場合の解決法は?

  • ブログ購読

    いつもブログをお読みいただき誠にありがとうございます。メールアドレスを登録いただければ新着記事をメールで確認する事が出来ます。いちいちホームページを見る必要がなく、便利です。特にデメリットはありませんので、是非ご登録をお願い致します!

私がサポート致します!

(有)ランド・プラン 代表取締役

高野 竜成

住み続けられるまちづくりを

中古活用・循環社会へ

空き家が増え続けています。高岡市だけで一万戸以上の空き家が存在し、6軒に1軒が空き家という状態です。その上で人口減少は止まる事を知らず、物価高と人手不足を原因とした新築価格は高騰の一途を辿っています。しかし、それでも家は建てられ続けています。本当にこのままで大丈夫なんでしょうか?そこで弊社は「中古住宅を活用して、安心できる住まいを提供する!」と決意しました。大量生産・大量消費社会から中古活用・循環社会へ。ランド・プランは『あなたの幸せと持続可能な幸福社会』を創造する『たかおかSDGsパートナー』です。高岡市の中古住宅相談ならお気軽に!

PROPERTY

取扱中物件

PRESIDENT BLOG

不動産屋のひとりごと

実際のご相談事例

そのお悩み、ランド・プランで解消できますよ!

ブログの更新通知を受け取れます!
ブログサムネイル

更新通知の登録について

  • 17人の購読者に加わりましょう