MENU

2020/12/15
私は数学アレルギーがあったので詳しくは知りませんが。人も会社も不動産の評価も「三角測量」が一番!
|
不動産屋の日常

有限会社ランド・プラン

私は小・中・高と「数字拒否症候群」だった(自己診断)ので、算数や数学は大嫌いでしたが、前職の金融会社や現在の不動産屋を通じて、”多少”人並みに数字を扱えるようになったと自負しています。

ま、そんなのはどーでもいいことで、今日私が言いたいのは「人と不動産の査定法」です。これには「三角測量」というか「視点を三つ」持つ事が大事ですよってお話です。

まず不動産の方。これは私のオリジナルじゃないのですが「不動産鑑定評価基準」というのがあり、その中で次の3つの方式を上手く使えという事になってます。

・原価方式(原価法)・・・不動産の再調達に要する原価(費用)に着目。

・比較方式(取引事例比較法)・・・不動産の取引事例に着目。

・収益方式(収益還元法)・・・不動産から得られる収益に着目。

私が何気なく、テキトーに不動産査定している(ように見える)時も、実はちゃんとこの3つを使ってます。

一方「人と会社は」どうかというと。これには上記の三方式みたいなものは規定されてませんが、私は以下の3つの視点で評価しています。

①「自分では」何と言っているか。

②「他人は」何と言っているか。

③「世間は」何と言っているか。

まず①は、本人や会社自身が言っている事です。会社なら「会社理念」とか「宣伝文句」で、個人なら「ポリシー」とか「信念」ですかね。ま、そんな難しい事じゃなくても「普段からどんな言動をしているか?」です。

②は、評価対象を「知っている人」の見方です。会社なら「実際に取引した事のある人」とかで、個人なら「何らかの形で付き合いのあった人」ですね。それら特定の人物がその人を「実際にどう言っているか?」です。

③は、まあ「評判」というか、不特定多数の「世間がどう見ているか?」ですね。噂話も可。

当たり前な話に見えるかも知れませんが、大事なのは「一つ二つだけで決めつけない。色んな角度から考察する」です。

という事で弊社では

①HP・ブログで「代表者自身の考え方」を表明

お客様の声で「実際に取引いただいた方」からの意見を公開

「クチコミ」で「不特定多数の方」からの意見を公開

しているわけなんで、私としては結構「フェアに」やっている積りです。

ま、クチコミはグーグル様が主導でやっておられるわけなんで、私が偉そうに言う事では無いのですけどね・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

カテゴリー |
不動産屋の日常
タグ |
不動産売却

7大お悩み相談

お客様の声

2022/04/17

集合住宅。いつまで窮屈な思いを続けなきゃいけないの?

お客様の声

2022/04/16

多世帯同居。どうすれば家族みんなが幸せに生活出来る?

お客様の声

2022/04/09

賃貸生活と持家生活。結局どっちが得なんですか?

お客様の声

2022/04/09

子育ての為、そろそろ自分の家を持った方が良いのでは?

お客様の声

2022/05/01

中古住宅ってなんか心配。購入後の生活は本当に大丈夫?

お客様の声

2022/04/15

住宅の老朽化が目立ってきた。修繕?建替え?住み替える?

お客様の声

2022/04/21

家ってお高いですよね?どうしたら不安なく家が買える?

よくあるご質問

お客様の声

2023/01/14

孤独死?事故死?自殺?他殺?自然死?不動産の『告知事項』のガイドラインって何!?

お客様の声

2022/04/11

「まんぞ」「まんぞう」とはなんぞ!?万雑という不思議なお言葉

お客様の声

2023/06/13

隣の敷地からサッカーボールが飛んでくる。子供が不法侵入。どうしたら良いですか!?

お客様の声

2022/11/26

富山県で新築・中古住宅入居時のお祓い、どの神社にお願いする?

お客様の声

2019/08/18

住宅に神棚って必要ですか?どこに置けば良い?神棚がある家と無い家の末路

お客様の声

2022/11/27

何故ランド・プランは床フロアー材に『杉無垢材』を使うのか?

お客様の声

2020/12/09

不動産取得税の納付書と申告書が届いた。でも建築中で「建物」の申告書が書けない。どうすれば?

  • ブログ購読

    いつもブログをお読みいただき誠にありがとうございます。メールアドレスを登録いただければ新着記事をメールで確認する事が出来ます。いちいちホームページを見る必要がなく、便利です。特にデメリットはありませんので、是非ご登録をお願い致します!

安心・快適・満足を叶えます!

(有)ランド・プラン 代表取締役

高野 竜成

PROPERTY

取扱中物件

住み続けられるまちづくりを

中古活用循環社会へ

空き家が増え続けています。高岡市だけで11,000戸の空き家が存在し、『6軒に1軒が空き家』という状態です。その上で人口減少は止まる事を知らず、物価高と人手不足を原因とした新築価格は高騰の一途を辿っています。しかし、それでも家は建てられ続けています。本当にこのままで大丈夫なんでしょうか?そこで弊社は「中古住宅を活用して安心できる住まいを提供する!」と決意しました。大量生産・大量消費社会から中古活用循環社会へ。ランド・プランはあなたの幸せと持続可能な幸福社会を実現する『たかおかSDGsパートナー』です。中古住宅に関するご相談ならお気軽に!

ご相談者の声

あなたもお気軽にご相談くださいませ

PRESIDENT BLOG

現在の販売状況・お知らせ等

ブログの更新通知を受け取れます!
ブログサムネイル

更新通知の登録について

  • 17人の購読者に加わりましょう